伶楽舎主催公演

伶楽舎第十五回雅楽演奏会

  • 公演日

    2021年1月31日(日)

    公演時間

    14:00開演(13:30開場)

    プログラム

    <第一部> 唐楽 平調 蘇合香急(芝祐靖渡曲)
    高麗楽 狛犬 乱声、破、急(芝祐靖復曲)

    <第二部>芝祐靖作曲「寓話第一番」
    ―尺八、ハープ二重奏―
    芝祐靖作曲「舞楽風組曲」
    ―雅楽器、尺八、箏、十七絃、小鼓、大鼓―

    場所

    紀尾井ホール

    地図表示

    詳細はこちら

伶楽舎雅楽演奏会 特別公演 芝祐靖の世界~ライブ配信で楽しむ代表作~

  • 公演日

    2020年11月17日(火)

    公演時間

    18時半開演

    プログラム

    芝祐靖作曲「管絃のための 舞風神 序破急」
    芝祐靖作曲「笙独奏曲 匏竹のたわむれ」
    芝祐靖復曲「天平琵琶譜 番假崇」〈編成:四絃琵琶、五絃琵琶、阮咸、箜篌、鉄絃筝、笙、篳篥、大篳篥、横笛、排簫、磁鼓、方響〉
    芝祐靖復曲・構成「平安の饗宴 露台乱舞」〈白薄様、越天楽残楽三返、阿音三返、早鬢多々良、極楽は、萬歳楽と池の涼しき、伊佐立奈牟〉

    場所

    ライブ配信公演*なかのZERO大ホールよりリアルタイム無料配信される、無観客公演です

    地図表示

    詳細はこちら

伶楽舎 雅楽

  • 公演日

    2020年10月31日(土)

    公演時間

    17時開演

    プログラム

    ◇管絃 「平調音取、越天楽」 
    ◆お話し、楽器紹介、唱歌体験
    ◇管絃 「陪臚」      
    ◆公演当日のお楽しみ曲
    ◇舞楽 「陵王」      
    ◆退出音声 「太食調音取、長慶子」

    http://www.suncityhall.jp/events/Reigakusha-GAGAKU.html

    場所

    こしがや能楽堂

    地図表示

    詳細はこちら

aiphonic地球音楽プログラム公演 雅楽「伶楽舎」―世界最古のオーケストラ―

  • 公演日

    2020年11月7日(土)

    公演時間

    開演15:00/14:30開場

    プログラム

    管絃 平調音取(ひょうじょうねとり)、越天楽(えてんらく)
       陪臚(ばいろ)
    舞楽 青海波(せいがいは)
    芝祐靖復曲 番假崇(ばんかそう)
    宮田まゆみ作曲 滄海(うみ)
    芝祐靖作曲 舞風神(まいふうじん)
     ほか楽器紹介等

    http://aiphonic.jp/event/zisyu/2009.html

    場所

    伊丹アイフォニックホール メインホール

    地図表示

    詳細はこちら

雅楽〜江戸時代の粋に遊ぶ その44

  • 公演日

    2020年11月21日(土)

    公演時間

    14時開演(開場は13時30分より)

    プログラム

    現存する合奏音楽としては世界最古と言われる雅楽の調べ。1200年以上も綿々と受け継がれてきた悠久の雅の響きをご堪能ください!
    http://kawasakishuku.jp/topic?id=3&_anch_=133

    場所

    東海道かわさき宿交流館4階集会室

    地図表示

    詳細はこちら

伶楽舎 雅楽コンサート 日進公演

  • 公演日

    2020年11月23日(月・祝)

    公演時間

    15:00開演(14:30開場)

    プログラム

    管絃 平調音取、越天楽、楽器紹介
    舞楽 胡飲酒 序破
    芝祐靖作曲「総角の歌」(排簫、鉄絃箏二重奏)
    芝祐靖作曲「管絃のための舞風神 序破急」

    http://www.nissin-assist.co.jp/events/reigakusha/

    *開演前にワークショップあり(先着30名様、8月11日より受付開始)
    詳細はこちら

    場所

    日進市民会館 大ホール

    地図表示

    詳細はこちら

ロームシアター京都開館5周年記念事業 シリーズ 舞台芸術としての伝統芸能 Vol.4 「雅楽」

  • 公演日

    2021年1月10日(土)

    公演時間

    14時開演

    プログラム

    ロームシアター京都の開館5周年記念日を華やかに彩るスペシャルなコラボレーション公演。2017年度から始まった伝統芸能の継承と創造を目指すシリーズ「舞台芸術としての伝統芸能」第4弾です。古典作品はもちろん、現代作品の演奏にも積極的に取り組む雅楽演奏団体・伶楽舎に、りゅーとぴあ専属舞踊団Noism Company Niigataとその芸術監督である金森穣氏をコラボレーターに迎え、新しい“雅楽”のかたちを探ります。それは「雅楽」の新たな魅力を引き出し、京都らしい「温故知新」を体現する舞台となるはずです。前半は伶楽舎および京都の雅楽団体・音輪会による雅楽演奏、後半はNoism0と伶楽舎によるコラボレーションを予定しています。
    https://rohmtheatrekyoto.jp/event/57875/

    場所

    ロームシアター京都 メインホール

    地図表示

    詳細はこちら